Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ

スポンサーリンク

グリーンカード申請Medical Examination パート2 病院に電話

アメリカ・ハワイ出身の彼と結婚をするため、2017年にフィアンセビザ(婚約者ビザ)を取得し、やっとハワイ移住をしたyunです。

結婚式の準備と実際の入籍の準備と、そしてグリーンカード(永住権)申請の準備を並行に進めているため頭がおかしくなりそうです。

頭がおかしくなりそうなのは要領が悪いからなんですが ←

それはさておき、ここ数日グリーンカード申請時に必要なMedical Examinationの書類をどこにお願いしようかと病院にコンタクトをとったりしていました。
その内容をお伝えします。

f:id:happyaloha:20170727115053j:plain

病院の選び方

病院の選び方については、先日記録しましたのでこちらをどうぞ
グリーンカード2017 申請に必要なMedical Examinationについて - Life in Palekaiko


病院選びの補足

私の住む島にはビザの申請に関わる医師がいないようです。どちらにしてもどこかの島にいかなければならないという選択肢しかありません。

先ほどのFind a doctorで調べたところ、ハワイのオアフ島には数人の日本人医師の名前が載っていました。

ハワイは交通の便がそれほど良くない場所も多々あります。なので、土地勘がない場所や交通の便が悪い場所だと大変な思いをすることは明らか。

自分が行けそうな場所であることをまず確認することがとても大事!

電話

まずはお電話。医師が日本人だからといって日本語で電話対応するとは限らない・・・ということで、英語だろうとちょっとドキドキしながら電話してみました。

私: Hello? Is this.....

病院側:もしもし!〜〜クリニックです。

私:?! 


日本語でした(笑)英語だと思ってたのに突然日本語で返事をされると人間母国語でもとまどうもんなんでしょうかw
慌てました。一瞬無口になりました。言語モードの切り替えが鈍い私の頭ですw

要件を伝える

  • フィアンセビザで入国して、グリーンカードの為にMedical Examinationを受けたい
  • まず最初にこれを伝えましょう。

    私の場合、”フィアンセビザで入国した”ということを最初に伝えなかった為に、ワクチン接種の話から色々と説明をされました。

    ですが、

    "フィアンセビザの場合は、必要なワクチン接種をすでに受けている可能性が高いので、渡航検診の際にもらった書類のコピーを見せてもらえれば、書類の切り替えのみで済む" ことがあるようです。

    Medical Examinationにかかる時間の目安

    時間の目安に関しては、病院によって異なる場合がありますが、今回は私が連絡を取らせてもらったオアフ島のクリニックについて。

    TBテストを受ける場合

    3回の通院
    私の場合、日本の渡航検診の際にTBテストの反応は出ませんでしたとの書類が作成されていたため、それを受ける必要はありませんでした。が、通常、日本人はTBテストでは陽性反応がでてしまう方も多いため、陰性ですと証明するものがないかぎりは血液検査されることになります。

    血液検査に要する時間が48時間〜72時間とのことなので、初診・検査から2〜3日後にもう一度病院へ戻ることになります。そこで陽性反応が出てしまえばレントゲンを撮る必要性がでてくるとのこと。

    その後書類作成 → 受け渡し となります。

    TBテストを受けない場合

    尿検査などは結果がすぐわかるそうです。私の場合は、渡航検診の際のワクチン接種の内容を伝えたところ、MMRの注射をもう一本打たなければならなくなりましたが、それ以外は全てパス。そのため、1度目の外来で尿検査とMMRの接種、その後書類の切り替えをお願いする形になりました。

    他の予防接種についてはわからないのでなんとも言えませんのであしからず。

    とりあえず、ややこしいものがなければ、2回の通院ですみます。

    2017年の追加検査項目

    今年の4月の書類から、淋病検査が義務付けられたようです。ちなみに梅毒も。なので、これから渡航検診を受ける方はそれについてもお医者さんに確認したほうがよさそうですね!検査項目をクリアしていればアメリカでわざわざ受けることもないでしょうし。

    予算

    (全て税抜き)
    書類の切り替え $100
    MMR接種 $130
    尿検査 $20

    検査が多くなればなるほど費用がかさむので、場合によっては$500 くらいかかってしまうかもしれません!

    書類の切り替えにかかる時間と開封厳禁の封筒

    書類の切り替え(ドキュメント作成)にかかる時間が約2週間とのこと。2週間たったら病院に戻り、書類にサインをし、病院側が準備してくれた”封をされた封筒”を受け取って、グリーンカード申請の必要な時に提出という形になります。

    もう一度いいます。 『封をされていない場合は無効になる』ので封をされているかどうかチェックするのをお忘れなく!

    封をされた書類はそのままUSCISへ送付、または面接時に引き渡しになります。

    スポンサーリンク



    まとめ

    MMR(麻疹(measles)・流行性耳下腺炎(mumps)・風疹(rubella)の頭文字を取った物)の3種混合の予防接種は日本では廃止されてしまっています。代わりに、渡航検診の際も足りないものをそれぞれ単独で接種をしました。これがMMRとしてカウントされるのかどうか微妙なところだとクリニックの方にも言われました。カウントしてくれ・・・

    だって、ワクチンの接種なんてそんな頻繁にやりたくない!!!!!!!!!!!!!(T . T)


    体に色んなもの混ぜてる感が不健康に感じる。。。
    病院がすこぶる嫌いなyunです。


    さーて、いつ行こうかなぁ・・・

    yun