Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ

スポンサーリンク

K1ビザ書類をEMS国際スピード郵便でアメリカの彼に郵送しました 書類は追跡可能!

昨日、やっとこさK1ビザを申請するための最初に必要な書類を全部ハワイの彼に送りました。

お互いとりかかるのに時間がかかったのですが、そもそも、そんなに時間のかかる準備ではないはず。
周りにもよく言われますが、結婚して移住してきてほしいと言ってるのは彼の方なのだから、彼がしっかりリードして準備させなさいとアドバイスをもらいます。
ですが、気持ちとは裏腹にのんびりな私。そして、それに輪をかけたようにもーーーーっとのんびりな彼。

喧嘩をきっかけに全ての書類準備が面白いくらい進みました(笑)そして、郵送。

郵送する前にチェックしたことリスト

とりあえず、送る前にしっかり内容をチェックしましょう。何かが足りなかった!というのは痛いミスです。

  1. 証拠写真選び ←選んだものからさらに選んだところ20枚ほどになった。
  2. 写真をコピーし、すべての写真に撮影の日付やその時の状況などを書き込む。(ついでにサインもしてみた 笑)
  3. 航空券発行の予約メールとスケジュールの英訳 ←英語の記載がないものだけ
  4. 航空チケットの半券などをまとめてA4用紙にコピー
  5. いつものLINEでの会話のスクリーンショット数枚と、前回の旅行の計画をしている会話までさかのぼって(2ヶ月前)スクリーンショットを数枚 ←なにげに一番面倒だった
  6. ビデオ電話しているときにたまたま撮っていた過去の2ショット(スクリーンショット
  7. 付き合っている証拠提出の書類や写真が多いので、分かりやすいように項目作り。証拠書類には番号を打った付箋を貼り、証拠書類用のカバーレターを作成。
  8. 記入漏れがないかチェック
  9. 英訳したものや、書類の最後にサインを忘れていないかチェック

使用した郵送サービス

郵送は、EMS国際スピード郵便で郵送。
大事なSocial Security Numberなど、個人情報満載なので、きっちり追跡できるようにして郵送しました。

早ければ5日で相手に届けることができるそうです。
郵送料2000円。 高いー 書類送っただけで2000円、、、、、、
さあ、受け取ったら彼の出番。しっかりカバーレターとか作ってくれてるかしら?

ここから雑記

さっきまで、
私:「Fishは日本語でなんていうでしょうかー?」 

彼:「さーしーみー」←本気か?!
ってくっだらない会話をしてたと思えば、ビザの話をし始めた瞬間、進展のなさに私がブチ切れる・・・
提出する前の日は、お互い本気でむかっとするくらいの険悪ムード。

最終的に、「じゃあ準備が終わるまで連絡しない!!!激怒💢」とおだやかな彼に言わせてしまうほど。

「おお。できるならやってみろ!!!!!」← 私の心の声

と、切った電話が午前中。久々にまったく夜まで電話も連絡もしなかった私。挑戦状を受け取った気分。
結局・・・ハワイ時間の真夜中にビザについての質問メールが彼から入り、ビザの進行がストップしては本末転倒なので、しっかり返信。→落ち着いた彼が謝り(謝らせて?)仲直り。
結局、電話を切ってから速攻で趣味を切り上げ帰宅し黙々と準備してたそうです。←

ムキになって怒った私も、仕事を6時に終えてから夜中の1時まで黙々と準備・・・永遠とかかった作業。

スポンサーリンク


なんでもないことのようで、何故か時間のかかるこの作業。
しばらく日本に住んでいたので、英語のサインに違和感を感じる私。

とりあえず、これでもかってくらいサインした気がする(笑)
うざいかなー ごめんねー

やれやれ。。。やっと終わった。

なるべくケンカのないように、仲良く進めたいですが、たまにするケンカは、逆にお互い火がついたかのように一生懸命準備しました(笑)
進行が滞るのは本末転倒なので如何なものかと思いますが、ポジティブに進むならいいのかもね(たまには) 笑

周りに聞くと、ビザの申請中はケンカが増えるとの意見をよく聞く(笑) どこのカップルも同じかなぁ?w


yun