Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ


スポンサードリンク

フィアンセビザの記入漏れが発覚 書類不備で返された!【国際結婚 手続き 失敗】

f:id:happyaloha:20161027121813j:plain


久々のフィアンセビザ(婚約者ビザ)ネタです。そのくらい、USCIS(United States Citizenship and Immigration Service)に最初のPetition(請願書)を出してから時間が経っています。とりあず、請願書を受け取りましたとのレターが彼には届き、そこから順調に審査には入りました。

順調にいけば、来月くらいにはパケットが届くかなぁなんてウキウキしていたのですが、

そんな私に今日は悲報。 

記入漏れで書類が返されて審査が進まない!

その書類不備についてお伝えします。 ※ 良い子はマネしないでください。

書類不備・通告レターの内容

書類が足りない場合や、記入ミス、記入漏れ、何一つ見逃してはくれません。
少しでも書類不備があれば、手紙が来きます。

封筒の中には、
記入漏れした部分のページ、追加書類の内容が書かれたページと、期限内に送らなければ書類全てが無効になるとの警告文が入っていました。

私たちのケース

彼の記入漏れです。
「以前犯罪を犯したことがありますか?」の部分にチェックをつけずに出した彼(少なくともUSCISは記入漏れだと言っている)。

犯罪なんて犯してないんだからビシッとチェックをつけてやればよかったのに! きぃいいいいいいっっ   ってなりそうでしたw

スポンサーリンク



追加書類の内容

追加書類は以下の通り

- 彼のU.S Citizen Status(アメリカ市民であることが証明できる何か)のlegible copy(読みやすいコピー)を以下から選んで提出すること。

  • Birth Certificate 出生証明書。アメリカで生まれたのだということを証明する書類で、出生場所の病院から発行された出生に関する書類では不十分だと書いてあります。

  • 期限が切れていないU.Sパスポート

  • 領事館から発行されたアメリカ市民であることと本人のパスポートであることを証明する声明文

  • 本人のサイン入りの帰化、または市民であることの証明書

  • 国務省から発行されているのフォーム FS-240、出生によりアメリカ国籍を取得したというレポート

  • - 犯罪歴の有無を問うページ
    記入し直さなければいけないページのみ新しいのが送られてきました。

    まとめ

    届いた瞬間まずいと思ったのでしょう。今日レターを受け取った彼は必要書類を全て準備したそうです。
    今日は仕事もお休みで機嫌の良かった私。ケンカになることもなくお咎めなしの彼は今日はラッキーDay。

    とりあえず念には念をということで、出生証明書とパスポートと、もう一つ余計に準備して送ってやると言っていましたw

    それの必要があるのだろうか・・・。変なとこに入念です。

    一番最初にUSCISから書類のチェックに入りますとのレターが来てから1ヶ月ちょい。追加書類を送ってからまたさらに時間がかかるのだろうかとヒヤヒヤしています。

    弁護士を雇っていればこういう心配はないのかもしれませんね^^;


    今、まさにフィアンセビザの準備中の方は、記入漏れには注意されてください。



    yun