Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ

スポンサーリンク

海外移住で激太りしない体質を作る為にする5つの技

f:id:happyaloha:20160930115055j:plain
不健康だと分かっていても、なぜか美味しそうに見えてしまうピザやハンバーガーやその他もろもろの美味しい料理!
海外移住すぐだと、学生の場合はパーティ三昧、仕事や結婚にしてもウェルカムパーティやら行事やらでやたら食べる・飲む機会が増える!
これ、気づいた時には時すでに遅し。気にせずにいると、1年で10kg増えるなんて大したことないんです。それだけ簡単に太れちゃう。日本では太らなかったからこんなに太るとは思わなかったーーー!という話はよく耳にします。

さて、今日はそんな海外移住、何に気をつけたら「激太り」を阻止できるのか?!をお伝えします。

激太りに備えてやっておくべき5つのこと

  1. 基礎生活リズムを知る
  2. 過度な食事制限はせずバランス良く
  3. 動く習慣をつける
  4. 便通を良くする
  5. 気持ちが大事!
  6. まとめ

基礎生活リズムを知る

普段の生活のちょっとしたところを整えると、ゆっくりですが体重が落ちていき、太りにくくなります。

基礎生活リズムは、仕事や学校などの時間もあり、個人によって違ってきます。その中で「自分に合った基礎」を見つけることが大事だと考えます。
私たちの基礎生活は 食べる・動く・寝るの3つ。これらが安定していると、体の調子がいいはずです。

睡眠時間や食べる量、動く量などは人それぞれなので、現存する型にはめるとストレスが溜まりやすい。
自分の体調のいい(便通のいい)生活スタイルのバランスを知ることで、環境や体調の変化があっても、ペースを乱さずに体重・体調のコントロールができます → ベストな自分を形状記憶する。
というわけで、自分の体の状態がベストだなって思う生活スタイルをまず探す!というのが、第一の激太り対策。

過度な食事制限はせずバランス良く

食べ過ぎるから太る。でも、食べなくなったのに体重がそんなに落ちない。体重が落ちるどころかストレスが増えた。
そんなこんなでダイエット断念する方も多いでしょう。
「食べるから太る」のではなく、「食べるものの種類」と「適正でない量」が太る原因だということを知りましょう。

「食べたいものを食べる」のは結構。でも、「食べたい時に食べたいものをいつでも好きなだけ食べる!」ことはしません。

オススメする食習慣
1 毎日の食事で最低1回はサラダや温野菜を食前に食べる
2 お皿には適度な量を入れる 
2 夜中に食べてしまう日を連続させない
3 飲み会明けの日は脂っこいものを避けた体に優しい食事を
4 イベントやパーティにお呼ばれしたときは遠慮なく食べる!←食べたいストレスが募ると後で爆発するから

脂っこいものを食べても、甘いのも食べてもいいんです。ただ、体にどういう影響があるかも考えて「適度に楽しむ」のがベスト。食べないのもストレスだけど、食べ過ぎてもストレスなのが分かってくると暴飲暴食は結構抑えられますけどね(笑)
敏感な人には「食べ過ぎ」行為がお肌などにも影響してきます。そういう小さなサインがでてきたら「軌道修正」をしましょう。

動く習慣をつける

新陳代謝をあげるのも、激太りを食い止める一つの方法です。
朝起きて、すぐにベットから起き上がる前に、膝を90度に曲げて左右に十日位ずつ倒すだけで、便秘解消のお手伝い。
ヨガのポーズを2〜3つ布団やベッドの上でやるのも効果的!
寝る前にストレッチすると、良質な睡眠にもつながります。
時間もかからない何気ない動きですが、体調は良好になります。

もっとがっつり運動できる人はそれがベスト。
外や公園を走ったり歩いたりするも良し。通勤や学校まで歩いたり自転車に乗ったりするのも良し。
もしも、学生さんで学校にジムがあるのなら、友達と一緒に通ってみましょう!走ったり歩いたりが苦手なら、仲間と運動を楽しめるクラスなどに参加するのもあり!仲間とやるのは楽しいので続きます!
一般向けのジムにも筋トレ道具のほか、ズンバやヨガなどのクラスもあります。そこに行ってみるのもいいですねー!
とにかく、自分にとって続きそうなものを探してみましょう✨ いくつかを組み合わせるのもいいですね。

便通を良くする

お通じがいいと、1日の調子がいいと感じたことはありませんか?
便秘をすると、おなら x 不快感 x 体重増加 x 肌荒れ に悩まされます。便通をよくすることで、一気にその悩みともさようなら。 
便秘症の方は、それを改善すると随分簡単に体重が落ちていきます。←実体験
解消方法:基礎生活リズム + お水を飲む + トイレに行く癖をつける(子供のトイレトレーニングみたいですね 笑)
お水を飲まない人にとって水を飲むって結構大変なんだという話をよく聞くのですが、飲めば飲み慣れるもの。
1.5Lは飲めた方がいいと思います。(水分という名のジュースやお茶は❌)
あとは、しっかり適度に食べること。食べ過ぎてもいけないし、食べなくても腸の働きは悪くなります。便秘解消にはきっちり食事が一番!

気持ちが大事!

なるべく平常心を保ちましょう。ちょっと体重が増えたくらいで焦って過度なダイエットをし始めると元も子もありません。
焦りは禁物です。
ベスト体重には個人差があります。「痩せる」ことを期待しすぎると、「過度なダイエットとストレス」が襲ってきます。「もっと痩せよう!」と欲張る気持ちではなく、「健康美を手にいれる!」という感覚にしていきましょう。
毎日こつこつやっていれば、いつの間にか結果はでます。
一番危険なのは「目標体重を設定すること」。目標が高すぎると焦りと不安とストレスを生みます。
目標は、とりあえず何かしらこつこつやることを心がける程度にしておきましょう。

自己満 ← 大事!
ストレス ← 大敵
食べない ← 解決になってない

スポンサーリンク


まとめ

以上の5つの点。海外移住前ならなお良しですが、移住した今でも激太り対策したいー!って思う方は是非気にしてみてください。一番大事なのは自分の基礎生活リズムを知ること。自分にとってのベストなリズムがわかれば、ちょっと食べすぎる日が続いちゃっても軌道修正ができます!

海外移住した年、一気に7kg増えた私。なので、太りにくい体質だったわけではありません。このままでは10kg余裕で増えてしまう!なんとかしなきゃと思って色々ダイエット法を試しましたが、結局生活リズムが一番大事なことを海外生活含め過去10年の経験で学び、太りにくい体質を作ったのです。
留学最初の1年の激太りを抜かせば、ここ8年間ちょっと食べすぎる日が続いたり、環境の変化があっても、体重変化ほとんどなしの生活を続けています。

ちなみに参考までに
7kg増えた時の生活

  • 毎日朝食は甘いシリアル
  • 毎週パーティ三昧飲み放題食べ放題
  • 外食中心
  • 無理しても全部食べる
  • お水飲まない
  • 便秘症
  • 睡眠時間5時間以下
  • ジムには通ってた

改善したところ

  • 朝のシリアルをやめて、軽い日本食や、プレーンのヨーグルトにフルーツにした
  • 外食を減らし家でごはんを作る
  • お水を1日2L
  • ハンバーガーのお供は甘くないアイスティー
  • 睡眠時間5時間以上
  • 起きたらすぐにストレッチ
  • 食後トイレに行く
  • お腹いっぱいになったら無理に食べずに翌日にまわす

結果→ 便秘解消 体重安定

改善してないとこ→パーティでは好きなだけ思う存分食べて飲む(笑)

相変わらず飲んで食べても大好きですが、楽しむところは楽しんで、整えるとこは整えていきましょう🎵