読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hawaiiで国際結婚 海外移住blog 

ハワイと日本で国際遠距離恋愛中。無事婚約し、フィアンセ(K1)ビザの申請中です。国際結婚・婚約者ビザ・ハワイ留学・ハワイ旅行・移住情報などを発信していきます! 

スポンサーリンク

【ハワイ留学】留学先でバイトを勧める理由〜人生にはチャンスしかない!〜

ハワイ留学 雑記ブログ

f:id:happyaloha:20161120102809j:plain
正直、海外留学では、学校の授業とプライベートでいっぱいいっぱい。でも、将来を考える上では、すでに社会に出た現地の人たちと関わる機会をもつことも立派な社会勉強になると思っています。
「留学生活が長いならバイトもしてみるべき!」です。(もちろん勉学優先ですが)私もバイト&仕事の経験が将来の方向性に影響を与えたと感じる一人。

私は、バイト期間も含め、約5年間勤めたハワイの研究所には、公私ともにお世話になったスーパーバイザーがいます。日本人とのハーフで、彼の母親と私の出身地が同じこともあり、すごく気にかけてくれました。
兄弟家族がいない留学生活の中で、仕事先の人間は公私ともに頼れる人たちばかりでしたが、彼の存在は私の中でとても大きいもの。
私が彼からもらった言葉で大事にしているものが3つあります。

ハワイ時代の上司からのモチベーションを上げた言葉3選

本当の自分の魅力をみてくれる人と一緒にいること

恋愛が上手くいかなかった頃。周りが見えなくなった頃、がっつりバイト時間を増やし、仕事をするようになりました。今までほとんどしなかったメイクをしっかりして、ヒール履いて、キレイになってやるって気張ってた頃(笑)
いつもは恋愛ごとの話をするような仲ではなかったけれど、仕事先から帰る車の中で
「何かすごく頑張ってるように感じるけど、そんなに頑張らなくてもいいと思う。そこがyunの魅力ではないよ!そんなことしなくても、認めてくれる人はいるし、そういう人といるべきだよ」と。
「自分の魅力は外見を装うことでできるものではない」と。

自分らしさが何かを分かったわけではありません。でも、この日以来、自分らしさってなんだろうと考えつつ、自分が気持ち良くいられるスタイルや環境に身を置くことを意識しはじめました。自然と、私らしくいられる人を相手に選ぶようになった気がします。

目の前に与えられたことは全部チャンスだと思ってやってみて

多分、将来の話をしていた時だったと思います。将来、何になろうかなんて細かく決めていたわけでもなかったけれど、「遠回りだとか、全然自分の道とは関係ないと思うようなことでもやってみるといいと思う。選ばずに目の前に転がってきたものや与えられたものはチャンスだから。自分のやりたいことを見失わなければいずれ全部つながってくる。いつの間にかね。」と。彼自身がそうだったようです。
人生って何が転機やチャンスになるか分からないもんです。そこから、一つ一つを大事にしてやっていこう!と過ごしてきた現在の私。いつのまにか自分のやりたいと思っていたことは仕事においてもプライベートにおいても上手く巡り会えています。これからも心にとめておきたい言葉。

スポンサーリンク


一つのところで安定するのではなく次のステップを常に探す

最近の日本も雇用が安定しなくなってきましたが、アメリカを例にあげると、「終身雇用」なんて滅多にありません。「終身雇用」に近い安定したポジションを得るためにする彼らの努力と向上心は見習いたいところがあります。
彼は、奥さんも子供3人もすごく大事にする人。安定職というものが就職した時点で手にはいればいいけれど、そんな約束がないから、現在のポジションで満足せず仕事やチャンスは常に探していると言っていました。彼は、修士課程を卒業し、そのスーパーバイザーのポジションを得たのですが、この研究所で、尊敬できる上司の元で働いている間に博士課程を取りたいと現在学業と仕事を両立させています。博士課程が終わる頃、尊敬する上司は定年だから、その時点で新たなチャンスを得られるようにとのこと。
子育てもしながら、学業も仕事もっていう向上心・・・私にとってはすごく魅力的で刺激があり、目標となりました。

海外留学でバイトを勧める理由

アメリカの海外留学中は、学校外でのバイトは禁止されています。見つかればすぐに強制送還となります。ただ、学校の許可をもらえれば校内や学校関係の機関・施設では働くことができます。学校で同じ立場にいる学生とのコミュニケーションも大事ですが、ぜひともバイトをしてみてください。上の人や普段関われないポジションの人たちと関わることで自分の進む道を見直したり、アドバイスをもらったりする機会が増えます。アドバイスだけでなく、立派なコネクションとなり、卒業後の仕事をサポートしてくれるなんて縁もでてきます!英語力だって鍛えられます。専門職の場合は専門用語もバンバン飛び交います。最初は大変ですが、せっかく留学するなら他には変えられないいい経験になるはずです。やってて損はないです!学校の成績が悪ければ仕事もできなくなりますので要注意(笑)

まとめ

私のスーパーバイザー(上司)は、プライベートな話を特にしない時でも、かけてくれる言葉とタイミングが本当にパーフェクト。留学生活中、私の背中を押してくれたり、モチベーションを上げてくれたりと本当に兄のようで父のような存在。(年齢的には年の離れた兄w)
彼はおしゃべりなタイプではなく、コワモテのさっぱりした性格。私は彼に慣れるまでに時間がかかりました。だって怖かったんだもん。
でも、慣れると子供のように無邪気なところものぞきます。彼の奥さんも小学校の先生で動物好きの陽気で綺麗な方!子供達もそれぞれやんちゃで個性豊か!彼らのような家族を持つことが今の私の目標です。