読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ

スポンサーリンク

【片道航空券は高い】海外移住のチケット購入の注意点!

フィアンセビザを取得し、現在、約3ヶ月後くらいにハワイに向けて出国をしようと航空券を探しています。

旅行の時は、チケット選びが楽しくてしょうがないのですが、今回は・・・旅行とは違う!理不尽きわまりない(と思っているのは消費者の私だけだと思いますが)チケットの値段にあーでもないこーでもないと探しております。そんなフィアンセ(婚約者)ビザでアメリカ・ハワイに入国しようとしている私のチケット選びについて。

f:id:happyaloha:20170314144821j:plain

航空券は片道か往復か

フィアンセビザで入国してからは、色々と手続きもあるので、入国後1年は日本に帰国するつもりはありません。
そう考えると往復チケットいらないし、片道チケットの方がお得?!

そんな感じで比べてみました。
日付は 2017年6月27日(火)(仮)で検索してみます。

片道の場合

片道の航空券の値段を会社ごとに調べてみました。おったまげー な値段。

  • JAL ¥401,500

  • ANA ¥421,790

  • デルタ ¥ 276,030(27日はなく、28日の最安値)

  • ユナイテッド航空 ¥421,590

  • ハワイアン航空 ¥96,740

  • 往復の場合

    では、同じ時期(6/27 〜 7/11)の往復だったらいくらなのか?
  • JAL ¥94,430

  • ANA ¥89,230

  • デルタ航空 ¥78,830

  • ユナイテッド航空 ¥88,830

  • ハワイアン航空 ¥91,980
  • ノーショーにしたら

    No-Showという、往復チケットを購入したにもかかわらず、搭乗日に現れない方法もありますが、最近はそれについてペナルティを設けているところもあります。

    韓国のKorean Airに関しては、出発した空港によってペナルティの金額が異なるようです($50〜$120)。JALで見たら韓国発のものはキャンセル料金が6万円でしたが・・・。デルタはNo show だとNonrefundable(払戻し不可)になっています。
    他のところは大丈夫なんだろうかね… ハワイアン航空に関しては、明確なペナルティの料金についての掲載も探せなかったので、直接航空会社に問い合わせた方がよさそう(ー ー;)

    実際、フレックストラベラー制度なんていうものがあるので、航空会社は席以上の予約を取っていたりします。No showやキャンセルがあれば、余分に取ったお客さんを乗せられるのでいいのかもしれませんが、オフシーズンだとそうも言えないですね^^;

    オープンチケット?

    オープンチケットも考えたのですが、有効期限が90日以内…となると、絶対帰国しないので、往復チケット買うのと変わりないかなぁなんて思いました。

    乗り継ぎ時間

    旅行ならば、迷いなく"乗り継ぎ時間は短い"方を選びます。だって、空港での待ち時間って結構辛い。
    でも、今回はフィアンセビザでの入国です。今回ネックになっているのは”入国審査にどれだけ時間がかかるのか?”ってところ。
    私の場合、ハワイの玄関であるホノルル空港のあるオアフ島が最終目的地ではありません。
    ラナイ島という本当に小さな島が私の移住地。ということは、ホノルル空港で一度入国審査をし、そこから乗り継ぎという形がとられます。

    短い方がいいか長い方がいいか

    入国審査の為に裂かれる時間がいつものように15分とかで済むのであれば、乗り継ぎ時間が2時間でもまったく問題なし!
    国際線から国内線のターミナルに移動するのも5分もかかりません。でも・・・もし入国審査を受ける人が多かったり、私の書類にすぐOKがでなかったら・・・次の飛行機に乗れないかもしれない(ー ー;)
    入国審査に時間が掛かることを想定すると、多分長めの時間を予想していた方がいいでしょう。
    ただ、ホノルルも国際空港ではありますが、LAXのような大きな空港でもないし・・・どうしよう。

    実際、あまり何にもないホノルル空港。移住するからお土産だっていらない。スタバで3時間の待機・・・とかいやだぁ( ;´Д`) なんて思うわけです。
    ちなみに、オアフ島で宿泊してからラナイ島に入ることも考えたのですが、なんせ・・・自分の身長よりも高い楽器を持って行くため持ち運びが面倒くさい。バスにも乗れないしシャトルにも余るでしょう。と考えると、直でラナイ島に向かう方がどう考えても安くて効率がいい。

    色々リサーチすると、パスポートに学生ビザが残っていたりすると、別室に連れて行かれる可能性が高いという体験談がでてきたり(実際私の友達もしょっちゅう別室につれていかれた人もいます)、15分で終わったという人がいたりバラバラ。

    私の場合、まだ学生ビザがパスポートについています。余裕を持っていたほうが無難かなぁ・・・

    APC(自動入国審査端末)キオスク

    フィアンセビザで入国する私は、入国審査を受けなければいけないので、まったくと言って関係ないのですが、ホノルル空港にも去年、入国審査などをスムーズにするべく、自動入国審査端末:APCキオスクという機械が導入されました! これによって、いつもは人が行っていた指紋や写真を撮ったりすることなどを機械でできるようになったわけです。(日本語でもできる)

    APC(自動入国審査端末)が利用できる対象者は、

    対象者

    米国国籍の方
    グリーンカードを所持されている方
    B1,B2 VISAを所持されている方
    ESTA取得後、米国入国が2回目以降の方

    とあります。(ちなみにESTAの有効期限は最初に取得してから2年間)
    この自動システムによって対象者の入国審査がちょっとでもスムーズにいってくれたら私のような入国審査が必要な人への時間も短縮されるのではなかろうか・・・という期待(笑)

    スポンサーリンク



    まとめ

    こうやってみていると、ハワイアン航空が出している片道9万円代の航空券の方が問題も少なくてすむのじゃないかと思えたりします。といっても、ハワイアンだって往復の方が安い。あああああああああなんて理不尽!(笑)割り切るしかないんでしょうか?w

    ビザでお金は十分使っているのに、片道航空券くらい安くてもいいじゃん!!!  (心の声)

    チケット探しでいいことといえば、3ヶ月後先の日程なので、乗り継ぎ時間も十分にチョイスがあること!1、2ヶ月前になるとチケットもチョイスが少なくなってしまいます。

    ハワイに先に入られている皆様は片道航空券だったのでしょうか?入国審査はスムーズだったのでしょうか?
    最近の情報を求む!(笑)

    諦めずに安いチケットを探しています。いい方法が見つかれば随時情報を更新します!

    f:id:happyaloha:20170314144635j:plain

    yun