Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ

スポンサーリンク

国際結婚後(アメリカ)日本の戸籍と選択肢

ハワイで国際結婚→移住の手続き中のyunです。ブログではフィアンセビザ(婚約者ビザ)の手続き方法やハワイ大学などについて書いています(過去記事もよろしくね^^)。

フィアンセビザで入国後90日以内に入籍をすること、そして永住権の申請までその期間内に済ませなければならないのですが、
アメリカでの手続きはともかく、結婚したら日本の戸籍についてはどうなるの?

ということで、今日は結婚後の日本の戸籍についてのお話。

f:id:happyaloha:20170729070125j:plain

アメリカで国際結婚後の日本の戸籍手続き

お住まいの州にある日本総領事館・大使館に”婚姻届”を提出します。

アメリカでの入籍日から3ヶ月以内に婚姻の届出をする必要があります!!!

婚姻届の場合はこの期間を過ぎた場合でも、過ぎてしまった理由などを記入するフォーム(遅延理由書)が領事館のHPにありますので、それとともに婚姻届を提出すればOK。(電話して確認するのが一番だと思いますが)

手続きのプロセス

日本大使館総領事館に婚姻届を提出した場合、

大使館・総領事館 → 外務省 → 本籍地のある市町村役場 

というプロセスで戸籍の変更が行われます。

もし、書類不備があった場合などは返却されるようです。

ただし、日本の戸籍の変更が無事に済みました!というお知らせはないようですので、”本籍地のある日本の市町村役場に確認しなければ戸籍の変更が行われたかどうかは分からない”とのこと。

大使館のHPでは、届出後の1ヶ月〜1ヶ月半後に確認の電話をするといいと記載。

戸籍が変わるのにお知らせしてくれないんですね(笑)メールでもいいからしてほしいのになっw

アメリカで結婚後日本の戸籍はどうなる?

総領事館へ婚姻届を提出すると、日本の戸籍に関しては自動的に変更がされます。どういった変更がされるのか・・・苗字はどうなるんでしょう???

結婚後に氏の変更届をした場合

入籍後、6ヶ月以内であれば結婚後に氏(苗字)と本籍地の変更ができます。その場合は、総領事館でその書類を受け取って記入→提出するか、郵送で提出書類を送ってもらい総領事館に提出する方法があります。

アメリカでの結婚後に氏(苗字)の変更の届出を日本大使館総領事館にした場合(もし、外国籍の方の苗字を選んだ場合)日本の戸籍の苗字の表示は”カタカナ表記”になります。

か・・・カッコ悪い(笑) 英語表記でいいじゃーんと思いますが、カタカナなのだそうです(過去記事でも書きました)。

カタカナ表記の苗字と自分の名前が戸籍のトップに来ます。むむ・・・

結婚後に氏の変更届をしなかった場合

苗字の変更届をしなかった場合は今までの苗字と名前と日本での本籍地がそのままの戸籍になります。
そして、戸籍の下のほうに外国籍のパートナーとの婚姻関係が記載されるとのこと。名前がそのままってなんだか嬉しい。

パスポートの表記はどうなるの?

氏の変更をしなかった場合はパスポートの表記も変わりません。ただし、婚姻関係を示すために、便宜上、( )←かっこ書きができるので、それをするには大使館・総領事館にパスポートの切替などをお願いしましょう。

苗字は変えたくないけど婚姻関係は示さなきゃ。その方が何かの証明をする際にパスポートのみで済むこともあります。(パスポートに名前の変更がされていないと、やたらマリッジサーティフィケイトなどの婚姻関係の書類を要求される)


スポンサーリンク



私の場合・まとめ

苗字どうしようかなー。変えようかなー変えずにいようかなー。
自分の苗字についてこんなに考えることなんて後にも先にもないでしょう(笑)

色々彼とも話した結果、私たちの場合、氏の変更届はせずに、婚姻届のみ!日本の戸籍の苗字はそのままにすることにしました。(そのお話はまた後日)
私の場合は、こちらでの結婚は苗字を彼のものに変更しますが、日本の戸籍は日本の苗字のままで婚姻の事実だけを記載したものにします。 

メリットデメリットもありますが、まあひとまず私たちはこの選択に納得しています。



yun