Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ

スポンサーリンク

ハワイに行くならLCCエアアジア!片道チケットが激安!

フィアンセビザ(婚約者ビザ)を取得し、今月ハワイへの移住を無事に果たしたyunです。

成田経由でホノルルに入った私ですが、以前、外国への片道チケットがとてつもなく高いという話をしました。
【片道航空券は高い】海外移住のチケット購入の注意点! - Life in Palekaiko


結果的に、私は日本からハワイにいく片道航空券としては当時一番安かったハワイアン航空を選ぶというチョイスをしました。
失敗しない国際航空券の選び方 片道か往復か?賢く航空券予約をする方法 - Life in Palekaiko


今日は、6月末に日本からハワイへの就航が始まったLCCAir Asiaエアアジア)のお話。

エアアジア

もうすでに知っている方も多いかもしれません。
が、私が知ったのは本当に最近(T . T)

エアアジアはマレーシアの航空会社。

エアアジアグループ傘下でマレーシアの大手長距離航空会社である路線』を週4便で2017年6月28日より就航いたします。日本からハワイへの直行便はLCCとして初めてとなります。

AirAsis出典

エアアジアに関しては、すべて”関西国際空港(KIX)よりハワイへ就航しています”

関空が近くない方も、関空まで飛んでいるLCCを利用すればもしかしたら激安でハワイへ行けるかもしれません!

片道航空券の予約方法

チケットをフライトを予約するページには往復便のチョイスしかありません。
それでは、どうやって片道を予約するのでしょう?

予約ページには出発日と復路日を入れる枠の右下にMulti-cityと書かれた部分があります。↓
f:id:happyaloha:20170725095400p:plain

そこをクリックすると、このページに。ここで、One way(片道)をクリックし出発日を選べばチケットの購入ページに飛びます。
f:id:happyaloha:20170725100331p:plain

週4便なので、場合によっては日を選べなかったりしますが、片道3万円以内だなんて驚異的・・・本当にハワイへ行く便なのか?!

プレミアムフレックスというサービス

さて、LCCの安さは驚異的ですが、もし、”移住をする場合”チケットが安いだけではダメだということも覚えておいて欲しいところ。

  • 受託荷物のコストが高い

  • 食事がついていない

  • ドリンクが有料
  • などなど、LCCならではの問題もあります。

    エアアジアの場合、航空券の日取りを選んだ時点で、Premium Flexをつけるかどうかの選択肢があります。

    内容は、

  • 1つの受託荷物(max 20kg)が無料

  • 食事1回

  • 座席指定

  • 2回までの予約変更可能

  • 受託荷物の優先受け取り

  • 優先搭乗
  • これで、料金が約1万円弱追加することで可能になっちゃう。むむ。なかなかいいぞ!(笑)

    だって、それをつけても片道5万円にもならない!!!(日によって値段は変わりますが)

    もう、これはお得以外の何物でもなくない?!

    移住目的の渡米(ハワイ)の注意点

    移住となれば、すこーし話が変わってきます。

    1万円弱でつけたプレミアムフレックスで受託荷物をカバーできればいいのですが、それ以上にバッグがある場合は要注意。

    もし、予約の段階で受託荷物(すべて20kg以内)の預け入れの数を予約すれば、1つ目3500円、2つ目を6300円で予約チェックインすることができます。

    しかしながら、予約後となると、1つ目4000円、2つ目が7600円とちょっと割増になってしまうよう。

    LCCでなければ国際線の受託荷物は無料だったりするのですが、ここはやっぱりLCC。どうしてもお金がかかってしまいますね・・・

    自分の受託荷物の数と料金、そして乗り継ぎがある方は乗り継ぎの場所や方法も踏まえた上で航空会社はチョイスした方がいいかもしれませんね!


    スポンサーリンク



    まとめ

    それにしても・・・やっぱり安い
    私、日本に里帰りするときはエアアジアを選んでみようかなと思っています。
    だって、これ、国内線の料金だよ?!!!!里帰りならホテルを取る必要もないですし、自分さえ運んでくれればいいですものね!(笑)

    エアアジア、ハワイに旅行する際も日本に帰る際も絶対にチェックするべき航空会社です!!!

    実はこの情報、この間ウエディングショッピングのために出かけたオアフ島で宿泊したホステルで出会った日本の女の子から得たもの。
    同じ部屋になり、お互い1人旅だったのと、同じ年齢っていうことで色々おしゃべり。旅先の出会いっていつでも楽しいもんですね^^



    yun