読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ

スポンサーリンク

日本国籍の親がアメリカで出産 子供の手続きを怠った結果が悲惨

日本国籍をもつ日本人夫婦から生まれた子供にもかかわらず、日本国籍を取れないという例を聞きました。

こんな人が身近にいるなんて。衝撃的です。

f:id:happyaloha:20170303115802j:plain

アメリカで出産した日本人カップル

日本国籍をもつ日本人カップルが就労ビザで入国し出産。子供Aさんはアメリカの土地で生まれています。

アメリカ合衆国日本国大使館サイトにも

米国は「生地主義」を採用していますので、通常、米国内において生まれた子供は米国籍を取得します。

と明記されていますので、両親が日本国籍であっても子供はアメリカ国籍を取得できるわけです。

ここまでは納得。

日本に帰った子供Aさんが日本国籍は取れない

あれ?!日本人の夫婦から生まれていたら2重国籍になったんじゃないの?!

と思っていたら…

日本側(大使館・総領事館、市区町村役場)に生まれた日から数えて3ヶ月以内に日本国籍の留保意思を表示して出生届を届け出なければ出生時に遡って日本国籍を失います。つまり、米国籍のみとなります。3ヶ月の期限を過ぎると出生届を受け付けられませんので、子供の日本国籍を留保したい場合には必ず3ヶ月以内に届出をしてください。

この手続きを親が怠っていたようです。Aさんは成人するまでアメリカ在住。そして、親も日本に帰ってしまったため自分もと思ったそうです。しかし、日本に帰ってきてみてたら、自分は日本国籍を持っていない! という事実を突きつけられた模様。

日本人で日本で働きたいと思って帰ってきたら日本国籍がなかった・・・衝撃的ですね。弁護士を通しても取得できなかったようです。

親が日本人で日本国籍を持っていたとしても手続きをしていなければ日本国籍ではなくなるなんて、法律の落とし穴みたい。

スポンサーリンク



子供のために手続きを忘れないで!

出生届はしっかり3ヶ月以内に在アメリカ合衆国日本国大使館に提出することを覚えておきたいと思います。

下記は在アメリカ合衆国大使館のサイトです。出生届について書かれています。
Embassy of Japan i出生届

私はしばらくお世話になることはないと思いますが、いずれとは思うので、この辺は知っておきたい情報です。

まとめ

こういうことを耳にすると法律って知らないと怖いなーって思います。周りの人が教えてくれなかったから!というのは本当に言い訳でしかありません。親ならば生まれてきた子供の手続きくらいちゃんとしたいですね。
海外移住先で子供を出産するのならば、アメリカでなくても移住先の法律などは調べておきたい・考えておきたいところです。



yun