Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ

スポンサーリンク

結婚式は2回?国際結婚・遠距離出身の悩み 宗教やお祝儀とか

現在、結婚式と披露宴を日本とハワイの両方でやるべきか否か悩んでいます。

f:id:happyaloha:20170205125907j:plain

理想のウエディング

結婚式はお互いの家族や交友関係を知るいい機会!一斉に集まることもそうそうないのでワイワイ楽しみたいなーっ!というのが希望です。理想は1箇所で1回だけのウエディング!

国際結婚 結婚式に向けての悩み

しかし!結婚式のプランニングってそんなに簡単にはいかないもの。国際結婚となると、思った以上に時間と労力と費用がかかりそう。

お互い、ビザ申請と引越しやその他もろもろ新生活の準備をすると、現実問題結婚式を盛大にやる費用なんてありません

もともと、結婚式も披露宴もやることはあまり考えていませんでしたが、婚約が決まった瞬間、彼ママの2言目”結婚式はやる!”とすでに決定事項。

ぬぬ。やるのか。 婚約してからは、彼ママの方がブライズメイドのドレスをチェックしたり、色々積極的。
肝心の私・・・気力がわかず、ブライズメイドすら選ぶどころか自分のドレスの試着すらやってません。もちろんto doリストではあるんですが。

スポンサーリンク



カトリック教の彼と改教しない私の結婚

手短にいうと、結婚をする場合には私はカトリック教にはならないことを前提におつきあいしてきました。なので、私たちの場合カトリック教会での挙式はNGです。その為、自分たちで好きな場所を選んで結婚式(セレモニー)を計画することになります。指輪交換などのいわゆる「セレモニー」に関しての費用は私たち個人で出すこと。その後の披露宴は彼の両親が出してくれるということで話がまとまりました。

彼の両親のサポートで披露宴が行われるので、必然的に場所は「彼の住む島」に決定。
日本からなら1回か2回は飛行機を経由する小さな島です。島の利便性は都会オアフ島に比べるとすこぶる悪い。

  • 交通の利便性
  • :バス・タクシーなし。レンタカーはジープのみ。
  • 限られた宿泊施設
  • :10室ある小さなホテルと高級ホテルしかない。
  • 莫大な渡航
  • :日本からだと最低10万円。その他もろもろの旅行必要経費。
  • 最低1泊3日の日程
  • :どんなに頑張って結婚式だけ出席しても最低3日は必要
  • 通訳・お世話役の必要性
  • オアフ島なら日本語だけでも問題ないですが…田舎だと厳しい…

    これらのことを考えると、日本から出席するのはかなり労力のいる結婚式・披露宴に・・・。

    また、

  • バイリンガルの司会者を準備する

  • 英語が話せない招待客のお世話役を準備
  • することを前提にしておかないと、新郎新婦は式の準備以外のことに時間を割かれる負担がでてきます。

    お金持ちだったら「渡航費くらいだすよー!」って言いたいところですが、そもそも、がっつりお祝儀でプラマイゼロな日本の結婚式ではない。(お金をあげるっていっても日本ほど多くないそう)招待客に渡航費なんて出してたら赤字どころか破産です。

    彼のアメリカ側の招待客も遠方から見えますが基本は全て自費。なので、こちら側からも自己負担でということに。

    それでも来てくれる人っているんだろか?ってとこですよね。

    正直、親族でも参加が厳しい状態。アラサーの私の周りはすでに結婚・出産ラッシュ。簡単に海外旅行を兼ねて結婚式に参加します!っていう余裕のある友人は少ないでしょう。となれば、多分誘っても日本から実際参加できるのは半分以下と見ています。

    飛行機に乗るのはむりな祖父母にもウエディングドレスくらい見せたいのは正直なところ。
    日本側の参加者の負担も考えると、いい手はないものか・・・

    解決策1?

    割り切ってハワイのみでの挙式・披露宴にするか、結婚式は1回だけれど、披露宴を2回する。

    国際結婚なんて結婚してからも次から次に手続きのお金がかかります。費用面を考えると1回で済ませてしまいたいのが本音。結婚式なんて、何度もやるもんでもないからこそ特別なものだとも思うのです。が・・・周りを考えると披露宴2回の方がきっと都合がいい。ジレンマです。もう、google先生に聞いてみます。

    結婚式または、披露宴を2回するメリットとデメリット

    googleで検索していると、同じような悩みを持ってる方って色々いるんです^^; 国際結婚だけでなく、日本でも地元が離れている方たちは、挙式を2回するべきかどうかの悩みが多いよう。ネット上の結婚式・披露宴2回メリットデメリットはこう。

    メリット

  • お互いの親族・関係者が結婚式・披露宴に出席する負担が少ない

  • 2回楽しめる

  • 両方の家族・関係者に平等に祝ってもらえる


  • デメリット

  • 費用が2倍

  • 両家家族がどちらの国でも揃う場合はお世話役が必要

  • 現地でプランニングできない

  • 宗教上、結婚式は1回だけの場合がある

  • 結婚式の準備に時間を倍割かれる


  • といった感じ。 むむむ。しかも調べているとこういうのも発見

    キリスト教カトリックでは、結婚は秘跡サクラメント)とされ、司祭の立ち合いのもとで、結婚式を挙げることになっています。カトリックにおいては、挙式は非常に重要な意味を持ちますから、信者が結婚する場合、挙式を2回行うということはあり得ません。

    あれ?聞いてないけどこれ彼に確認しなきゃいけない事項じゃない?と思って確認 →カトリック教会で式をするわけでなければ、2回リング交換しても問題ないそうです 

    お金の余裕=気持ちの余裕

    お金お金ってなんだかいやだけれど、貯金もそこそこな状態で、お金のかかる国際結婚して、渡米しても仕事ができる許可が下りるまで働けないのに結婚式を2回も企画できるのか?っていう話です。あればできるよー。でもないよー(笑)(あ、国際結婚の手続きするお金はちゃんとあります 笑)

    正直、お金の心配して結婚式・披露宴をするのはなんだか気持ちよくないですね。

    解決策2?

    もし披露宴を2回するのならば・・・1度ハワイでやっちゃって、2度目は時間をあけて、仕事もして永住権も獲得してから日本に里帰りするときにかなり小規模な結婚式を10万円以下なんかで地元で行うという手段。(もちろん会費制もありだと思います)
    そのときに、ハワイには参加できないけれどっていう招待客を呼べばいいかなぁなんて手もありますね。

    スポンサーリンク


    まとめ

    実際、周りの国際結婚の友人も結婚式をしっかり上げた人は少数。ほとんどはカジュアルな式のみをハワイで行うかNo挙式でした。挙式をした友人の中には世話ができないからと割り切って日本からの友人を一切招待しなかった子も。それでも家族の対応だけでおわれていて、ドレスのまま招待客の送迎をしていたので、英語を話せない&土地勘のない招待客にお世話役をつける重要性を感じました。

    多分、どのくらい結婚式をやりたいかレベルにもよるのでしょうが、今のところローンを組んでまでやろうとは思っていません。
    最近、2箇所でやっちゃえよーとよく言われます。出席する側からすればそれもごもっとも。
    ハワイ挙式のことしか考えてなかったので、招待客にお金を貯めてもらうために挙式時期を来年にしてみましたが、来年にしたところで来れる人と来れない人の差はでないような気がしてきました(笑)とりあえず、日本からの招待客のことを考えて、ハワイへの往復チケットが安い春の時期を考えてはいます。年末年始はNGですね(T . T) とりあえず、2回目の披露宴をするか否かはまた彼と相談していこうと思います。結婚後にすぐ子供をとなる場合はできない可能性も含めて。

    もっとカジュアルに結婚式ができると思っていた私の愚痴みたいになってしまいましたが、もっといい方法があるよー!解決策があるよー!とか、結婚式の計画の仕方、心持ちなど是非アドバイスお願いします(⌒-⌒; )


    yun

    関連記事
    happyaloha.hatenablog.com
    happyaloha.hatenablog.com
    happyaloha.hatenablog.com