Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ

スポンサーリンク

国際結婚 x 海外移住を控えた時に考える不安要素

K1ビザの申請中、待ってる時間の方が長いんじゃないかと思うこともよくありますが、
ビザが下りるのが待ち遠しいと思うこともあれば、本当はまだ降りて欲しくないような気分になることもあります。
留学前のすごくワクワクしていた「海外生活」と、永住を控えた「海外生活」への心持ちはこんなに違うのでしょうか。
婚約して、日本から離れることが現実として目に見えた時に、不安要素になることを綴ります。

家族

家族が大好きで離れたくない!
というよりは、心配すぎて離れがたいの方な気がします。私は兄弟も多いのですが、親の年を考えると、全てを兄弟に任せて日本を離れてしまうのはなんだか申し訳ない気がしてきます。母は一人っ子。帰国後はどちらかというと姉妹のような感じで母ができないことを私がサポートする生活をしています。遠方にいる私はどうしたらサポートができるのだろうか。悩みます。

小さな可愛い姪っ子たちの成長も近くで見ていたいし、妹たちが悩んでいる時にはやっぱりそばにいてあげたい。
実際、私がそばにいなくても、みんな勝手に成長して大きくなっていくもんだと思うのですけどね(笑)
ただ、やっぱりそれが近くで見えない・感じられないのは寂しいなぁ^^;

友達

日本に帰ってきて、留学時代は疎遠になっていた幼馴染や友達にも会う機会が多くなり、やっぱりいいなぁって思います。
帰ってきたら周りがみんな結婚して子供ができてと環境は変わってしまったけれど、変わらずに笑ったり励ましたり支えあったりできる部分と、お互いの経験とともに協力し合えたりアドバイスができる関係性がなんだか心地いいなと感じています。
移住先は私が以前住んでいた場所ではないので友達作りを一から始めることになります。
大人になると、学生時代のように簡単に友達ができる!毎週パーティをする!という関係はなかなか作りづらい。新しい友達できるかなー?なんてちょっと・・・いや、実際かなり不安に思うこともあります。

スポンサーリンク



仕事

アメリカでの仕事はアシスタント的なものでしたが、日本に帰国後の仕事は責任者として何かを任されることも増え、仕事って大変だなぁなんて感じることも多くなりました。気づけば本業に加え、3つの副業。依頼され、自分の為にもなるかも!と思うものを引き受けていたらいつのまにか3つも。創作活動 x アウトドアガイド x 講師。大学で学んだフィールドが本業となり、それ以外のものも新しい分野・コミュニティとつながる機会などを得られ、忙しくも充実感があります。
まだまだ開拓できる余地のある分野・地域・人。ここで去ってしまうのは本当に惜しいなと感じます。
寿退社。おめでたいはずなのですが、もうちょっといたいなぁ。
婚約して、仕事をスムーズに引き継げる時期とビザが下りるだろう時期を重ねて申請したつもりですが、もうちょっと遅らせてもよかったかもと思ったり(もうちょっとってどのくらいだ)。←いつまでも結婚できないパターンですよね。わかってます。
やりたいこと・やれることをひたすらやってきて4年目に突入。人間関係に疲れてハワイに逃げ帰りたいと思うこともありましたが、結果的にはチャンスを与えてくれた周りには感謝。新しい土地にも新たな出会いはあるんだろうけれど・・・この経験はハワイに引っ越して活かせるだろうか。

生活

住めるアパートがない地域って聞いたことないんですけど?! っていう状況です。
田舎に引っ越すのですが、アパートがないってどんな地域なの?!ちなみに借りようと思ったら金持ちしか住めないレベルの家賃が発生するらしいです。というわけで、しょっぱなから彼家族と同居です。同居・・・かぁ。遠距離恋愛を終えての新生活が同居ってなかなか納得できないなと感じますがいたしかたない・・・んですよねぇきっと。同居かぁ。気に入ってもらえるかなぁ。
彼とラブラブな新婚生活っていうのは同居じゃなかなか表に出せないですよね(T . T)

お金

ハワイの生活費はニューヨークより高いという話は過去にも書いたのですが、そこには島ならではの事情が。
happyaloha.hatenablog.com
島外からの輸入に頼るので、生活用品・食材が高いのはしょうがない部分なのですが、地価も高騰しているので色々好条件な立地だと億に近づきます。古いプランテーション時代の家を購入すればアスベストの問題が必ずついてくる。シロアリ問題も深刻です。簡単にマイホームを買えるような状況ではありません。
お金・・・が湧いて出てくれたらいいのに(笑)

まとめ

なんら解決策のない不安を書き連ねた雑記ブログになってしまいました^^;
正直、彼との遠距離は早く終わってほしい。彼と毎日顔を合わせられる生活もとてもとても楽しみ・・・なんですけどね。人間は欲張りなもんだなぁって思います(私が欲張りなのか 笑)実際、遠距離恋愛でなければここまでやりたいことにどっぷりハマれなかっただろうことを考えると遠距離恋愛期間はある意味すごく重要で価値があったと思っています。後ろ髪引かれる思いもありつつ新しい生活への心の準備をしたいのですが・・・
結婚して、生まれ育った国を出る。「永住」を考えた時にみる「海外生活」は、夢を抱いて旅立った「留学」とは全然違う感情がたくさん湧き出てきます。国際結婚をする人たちはみんな同じ思いを抱えているのだろうか・・・


yun