読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ

スポンサーリンク

国際結婚 不安しか残らなかった大統領選 

昨日は、アメリカの大統領選に釘付けの1日でした。
世論調査っていったいなんだったのか?!と思わされるくらい、日本時間のお昼前からはすでにトランプ氏が優勢なまま、そのまま当確となりました。ヒラリーさん優勢って言ってたよね世論調査?!

ちなみに、ハワイ州の選挙はほとんどがオバマさんや、ヒラリーさんが属するDemocraticが優勢になります。
2000年〜2012年までの選挙も全てDemocraticからの候補が選ばれています。
でも今回の選挙、Democraticの党の候補としてはハワイ州からはバーニー・サンダース氏が圧倒的に支持されていました。私のSNSにはサンダース氏を今でも惜しむ投稿がたくさん見られます。

さて、結構な男尊女卑で白人至上主義的な発言も目立つトランプ氏ですが、今後どのような政治をしていくのでしょうか。
「僕は仕事のエントリーするために、修士号と5年の現場経験が必要なのにトランプは政治の経験がなくても大統領になれる」なんて皮肉られたポストがSNSでも拡散されていましたね^^;
今からアメリカへ移住する身としては、アメリカが今後どのように転がっていくのか…心配なところです。

私が留学したての頃、オバマ氏はハワイ州出身であり、しかもアメリカ初の黒人大統領が誕生するかも!と周りがすごく盛り上がっていたのを覚えています。
国民が国のトップを選べるなんてすごい!羨ましい!とずっと思ってきましたが、なんだか今回のは素直に喜べずにいるところもあります。

ちなみに日本に移住してきたアメリカ人の友達は、トランプ氏が当確する直前にアメリカドルを全て銀行預金からおろしに行くと銀行に行きました。
レートがどうなるかわからないからだそうです。レート…どうなっちゃうのー

ハワイ州の現在の人種は、半数がアジア人か2つ以上の血が混じった人ばかり。移民の多い州です。
不法移民が問題であるにせよ、人種差別発言もよく取り上げられているトランプ政治のゆくえが気になります。


yun