Life in Palekaiko 

ハワイ留学・国際遠距離恋愛・国際結婚・ハワイ生活のあれこれ

スポンサーリンク

更新 i-129f 必要書類【フィアンセビザ 2017】

(更新日2017年9月10日)
先月アメリカ・ハワイでプロポーズをされてから約1ヶ月。アメリカ国籍の彼と結婚するためにフィアンセビザ申請の準備中!
日本に帰国した私は、ビザ(婚約者ビザまたは、K1ビザ)が下りるまではアメリカへ入国できません。

今日はその i129f の必要書類・添付書類について書きます。

f:id:happyaloha:20170910060324j:plain


スポンサーリンク


I-129fの申請は誰がするのか

i129f のPetitionと呼ばれる請願書の準備はアメリカに住む側が中心になってファイリングしていきます。
そのため、日本側に住む婚約者の私がすることはそんなにないのだと思っていたらかなりの勘違い。
日本側の婚約者をBeneficiaryといいますが、私たちが揃える必要書類もしっかりあります!!!

I-129F と同封する必要書類 (2017.4.10エディション)

  • I-129F

  • カバーレター

  • G-1145 E-notification of Application / petition Acceptance

  • 戸籍謄本(抄本)
  •  抄本の方が個人の情報のみなので英訳をしやすいみたい。謄本となると、家族全員の情報が載ってるので英訳が面倒だとか・・・
  • アメリカ市民である彼の出生証明書かパスポート全ページのコピー

  • G-325A Biographic information こちらは、私のも、彼のも2つ必要  *1
  • 2017年4月のエディション(新フォーム)では G325Aが必要ありません。
  • パスポートサイズのカラー写真 (私のも彼のも)
  • :請願書を申請する30日以内に撮られたもの、白の背景に光沢の写真、写真の裏に名前を書けとありました。
  • 過去2年間の付き合ってきた証明となるもの(写真やチケットの半券、パスポートの渡航記録など)

  • intent to marry letter
  • :90日以内に結婚する意思があることを書いた手紙が必要です。ネットにも描き方が色々載ってるようです。 *2

    (以下の青文字は2017年4月以降にi-129fを提出する方に求められている新しい必要書類です。)

  • 離婚歴のある方はその離婚証明

  • 名前を変えたことがある方はその証明

  • Form I-94(アメリカに最後に入国した日の証明になる)

  • I-94の取り方 ビザ申請者必見 - Life in Palekaiko

  • 小切手$340  → 現在$535(申請料)
  • まとめ

    書き出してみると、Beneficiaryである私たちが準備する必要書類も割りとあるもんです。書類が欠けたまま提出すると、書類が戻ってきてしまったりとビザ取得までに時間がかかるので、なるべくミスがないように確認しながら進めたいところ。

    付き合ってきたことが証明できるものを探すなんて難しくはないのですが、なんだか悪いことして証拠集めをしているような感覚です。一緒に旅行した時の航空券の半券探したり、ホテルの予約表探したりしていますが、完全に残っているものは少ないでしょう。
    あまり思い出の品として残すタイプではないので、そういうのが残っているのかどうか。
    パスポートの渡航記録で勘弁してくれないかなぁ ^^; って思ってるところです。

    そしてG-325A. ハワイ留学中、約1年に1回は引越しをしていた私にとって、さかのぼってアドレスを調べることほど面倒臭いやつはないです。最終的にはルームメイトにも協力してもらって思い出そうと思います。
    戸籍抄本の英訳だって、自分でしなきゃいけないですし、思っていたよりも申請準備に時間がかかりそうです。(2017年現在はG-325Aは必要ありません。)

    申請前に、国際結婚をした友達が、国際結婚の際に一番面倒くさかったのは旦那の遠隔操作だと言っていたのが頭をよぎりました(笑)納得です。

    2人で協力しないとビザ申請全然進まない(笑)同じく申請中、もしくは申請予定の方!頑張りましょう!!!


    yun